水素で創る健康生活

【心配な方へ】水素の健康効果の研究データと使わない方が良いシチュエーション

 

一般的には水素自体には毒性がほとんどないと考えられているため、大きな副作用があるとは現時点では考えにくく、好転反応として少数の報告はありますが、主なものとしては以下のようなものが報告されています。

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 咽頭痛
  • 鼻炎や鼻漏などの上気道炎症反応

一般的には水素自体には毒性がないため、大きな副作用があるとは科学的には考えにくいです。

 

【関連記事】水素治療のエビデンスと医学的根拠について
【関連記事】水素吸引は危険!? その誤解を解説!
【関連記事】水素吸引の効果について 美容・健康・ダイエットなどに効果を発揮する水素驚異のメカニズム

 

水素は副作用がない!? 健康に関する嘘・ホント

番号 タイトル リンク 概要 具体的な効果
1 先進技術としての適格性 別紙 2 – 厚生労働省 リンク 水素ガス投与と体温管理療法の併用に関する研究が記載されている可能性があり、特に脳や心臓に関連する治療効果に焦点を当てている。 脳卒中や心筋梗塞後の損傷を減少させる可能性、抗酸化作用による細胞の酸化ストレス軽減
2 別紙3 – 厚生労働省 リンク 水素添加酸素吸入に関する技術的な側面やその効果についての情報が含まれている可能性がある。 抗炎症作用による炎症反応の減少
3 心停止蘇生後に対する水素ガス吸入の効果 – 千里救命救急センター リンク 心停止後の患者に対する水素ガス吸引療法の効果についての研究を扱っている可能性が高い。 心停止後の神経系の回復促進、全体的な生存率の向上
4 「水素ガス吸入療法(告示旧18)」の総括報告書に関する評価について – 厚生労働省 リンク 水素ガス吸入療法に関する総括的な評価を含んでいると考えられる。 水素ガス吸入療法の安全性評価、副作用の少なさ、使用上の注意点の検討
5 活性酸素種と水素療法 – J-Stage リンク 活性酸素種と水素療法に関する研究を扱っており、水素ガス吸入療法が厚生労働省の先進医療Bとして承認されたことに言及している。 活性酸素種による細胞損傷の軽減、酸化ストレスが関与する疾患の治療における有効性

上記は厚生労働省が実際に行った水素吸引に関する研究データです。

水素を吸いこむことで、からだの病気を治す研究が進められています。

水素は体の中で害を防ぐ効果があると考えられています。

厚生労働省の研究では心臓が止まった際の後遺症を小さくする可能性があることが報告されており、現在は先進医療として水素による治療が行われつつあります。

また、身体の炎症をおさえる可能性も示唆されており、水素は健康に良い作用がある可能性が高いです。

水素を吸入することの危険性は少ないとされているので、安心して使える方法だと思われます。これからも水素の健康効果について研究が続けられるでしょう。

 

水素吸引の安全性と水素の自然存在について

水素ガスは宇宙初期から自然に存在する最も小さな元素です。地球上の水の中にもごく微量ながら溶け込んでいます。

私たちは呼吸をすることで空気中のごくわずかな水素を取り込んでいます。水素は体内でも自然に少量生成されています。つまり、水素そのものは生体にとってなじみ深い物質なのです。

加えて水素分子は非常に軽く、体内からの排出も容易です。

急性毒性試験でも水素ガスに殆ど毒性が認められていません。これは水素ヘリウム混合ガスが潜水夫病(スキューバダイビングや潜水作業等に関連して生じる圧力の変動によって引き起こされる健康被害のこと)の治療に長年使われていることからも裏付けられます。

 

逆に水素を吸引したり、接種しない方が良いことはある?

水素を吸引したり、サプリメントを摂取することは多くの場合で安全とされていますが、いくつかの特定の状況や条件下では避けるべきです。

以下は、水素を吸引したり、サプリメントを摂取しない方が良いシーンの例です。

 

・極度の空腹時 – 空腹時の摂取は胃腸への刺激リスクが高まります

・就寝前 – 水素の刺激で睡眠の質が下がる可能性があります

・アルコール飲料との併用 – アルコールと相互作用している可能性があるため避けた方が良いでしょう

・重い運動前 – 消化不良や吐き気を引き起こすリスクがあります

・医薬品の服用時 – 水素との相互作用で薬の効き目が変化する可能性があります

・妊娠・授乳期 – 安全性が確認されていないため基本的には避けるべきでしょう

などが主なケースです。水素の安全性は高いものの、体調や状況によってはリスクが高まる場合があります。上手く使い分けることが大切です。

 

みんなが気になる水素の効果はホント?

病院や研究機関で報告されている水素の効果

  1. 酸化ストレスの軽減: 活性酸素は細胞の酸化ストレスを引き起こし、様々な病気の原因となります。水素吸入により、これらの活性酸素を減少させることができます。
  2. 炎症の抑制: 水素は炎症を引き起こす物質の生成を抑制する可能性があります。これにより、炎症関連の疾患に対する効果が期待されます。
  3. 神経保護効果: 水素には神経細胞を保護する効果があるとされ、神経系の疾患に対しても効果が期待されています。
  4. 老化防止: 活性酸素は老化の一因とされており、これを減少させることで老化防止にも寄与する可能性があります。

水素ガス吸入療法は、医療分野における革新的な治療法として注目を集めています。

この章では、先進医療としての水素ガス吸入療法、慶應義塾大学病院による水素吸入療法、そして水素医学の現状に焦点を当て、水素の副作用がなく、安全性が高いという点について解説します。

 

水素ガス吸入療法の先進性

厚生労働省は、心停止後の患者に対する水素ガス吸入療法を先進医療として認定しています。

この治療法は、心停止後症候群に対して適用され、水素ガスが有害な活性酸素を取り除くことで、患者の回復を助ける可能性があります。

この治療法の最大の特徴は、副作用がほとんどないことです。

 

慶應義塾大学病院の取り組み

慶應義塾大学病院では、水素ガスを酸素とともに吸入する治療法を開発しました。

この治療法は、様々な病気や病状に対して効果があるとされ、特にその安全性が高い点が評価されています。

水素ガスは自然の中でありふれており、またそれが体内に入ったとしても身体に負担をかけることなく、体内で自然に処理されるため、副作用のリスクが非常に低いのです。

 

水素医学の現状

水素医学は現在、多くの研究者によってその効果と安全性が検証されています。

特に、水素が活性酸素と反応し、無害な水に変換することで、体内の酸化ストレスを軽減する効果が報告されています。

これは、慢性的な病状や加齢に伴う不調に対しても効果的であると考えられています。

 

水素サプリは効果がある?選ぶべきポイントは?

水素サプリは、体内で水素を生成することで様々な健康効果を得られる製品です。

最近では水素の抗酸化作用や細胞保護作用が注目されており、さまざまな水素サプリが販売されています。

そんな水素サプリで期待できる効果は以下の通りです。

 

  • 活性酸素の除去

  • 炎症の抑制

  • アンチエイジング

  • 記憶力・集中力の向上

  • 運動パフォーマンスの向上

  • 疲労回復の促進

水素サプリにもいくつか種類があります。飲料タイプのほか、ゼリーや錠剤など便利な形状のものもありますので、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことが大切です。

 

水素サプリの違いと効果が期待できるメカニズム

 

  • 直接摂取型: サプリメント自体が水素を含んでいるタイプです。即効性が期待できますが、保存状態によっては水素が抜けやすい点に注意が必要です。

  • 反応型: 体内で水素が発生するタイプです。持続性が期待できますが、効果が現れるまでに時間がかかる場合があります。 上記の違いと効果について補足する記事を作成してください。

水素サプリには大きく分けて、直接摂取型と反応型の2種類があります。それぞれの違いと特徴は以下の通りです。

直接摂取型は、製造時に水素を希釈してサプリ内部に封入したものです。水素水などがこれに該当します。
利点は、摂取直後から早期に水素を体内に取り込める点です。ただし開封後は徐々に水素が減っていくため、新鮮度が重要視されます。

(つまり開けたら、直ぐに使いましょうということ)

 

一方反応型は、体内で水素を生成する仕組みのサプリです。主に水素を放出しやすいマグネシウムなどの成分と、それを分解する酵素がセットになっています。

水素サプリに含まれる主な成分は「水素を放出する物質(Mgやメチルシラノールなど)」です。
それをサプリとして体内に吸収することで、水素イオンを作り出す働きのある酵素が、時間差で体内で体内で反応を起こし、微量の水素ガスが発生します。

この身体の中で発生された水素が抗酸化作用を示し、悪玉活性酸素や除去し、先程解説したような効果を発揮します。

 

水素サプリの選び方は?自分のライフスタイルにあったものを選ぼう!

形状 特徴 オススメのシーン
飲料タイプ 溶かしやすい粉末や液体。移動中でも飲める。水分補給と併せた継続摂取に向く。 日常生活での継続摂取
ゼリータイプ ゼリーやグミの形状。飲みやすい。血糖値上昇抑制がある。 運動前後
錠剤タイプ 飲み忘れにくい。低用量で十分な効果が期待できる。 スポーツ時以外での日常摂取

水素サプリには、飲料・ゼリー・錠剤の3つの形状があり、それぞれ特徴が異なります。

飲料タイプは、粉末や液体を水やスポーツドリンクに溶かして飲用するもので、移動中でも飲みやすく、水分補給と併せた継続的な摂取に向いています。

ゼリーやグミの形状をしたゼリータイプは飲みやすく、血糖値の上昇も抑えられる利点があり、運動前後のサプリとして適しています。

錠剤タイプは飲み忘れにくく低用量でも十分な効果が期待できるため、スポーツ以外の日常生活の中でHAND厳しい継続摂取が可能です。

水素サプリの効果をより大きくするには、ライフスタイルやシーンに合わせ、この3つの形状の違いを理解した上で、自分に合った製品を選択することが重要です。

 

24時間365日レンタル申込みOK♪ 水素吸入で健康な毎日を

24時間水素発生器「リタライフ」「リタエアー」レンタルはコチラから
「お店や病院に行くのが億劫だ」「外になるべく出歩きたくない」という方はスマホでかんたんに水素発生機のオンラインレンタルが可能です♪

リタライフやリタエアーは自宅で手軽に水素吸入が可能な水素発生器です!

もし、健康・美容・アンチエイジングケアに不安があるのなら、336の提携病院で使用されている「リタライフ」と「リタエアー」をレンタルして、いつまでも若々しくいたいと思いませんか?

First whiteでは24時間オンラインで「リタライフ」と「リタエアー」のレンタルが可能です♪
自宅で出来る水素ケアを体験したいという方は、下記ボタンをクリックしてくださいね!

 

記事執筆における本・書籍・参考資料一覧

参考資料①:厚生労働省発行 『先進医療 B 実施計画等評価表(番号 B066)』
参考資料②:医療ライター 谷垣吉彦著 『100歳まで健康に生きるための水素』
参考資料③:ニュートンライブラリー発行 『水素の美容・健康力』
参考資料④:一般社団法人「臨床水素治療研究会」代表理事/辻クリニック院長 辻直樹 著 『なぜ水素で細胞から若返るのか 抗酸化作用とアンチエイジング』
参考資料⑤:赤坂AAクリニック院長/医学博士 森 吉臣 著 『水素の力で創出する健康寿命100歳社会』
その他:『朝日新聞デジタル』など一部ネット記事を参考

この記事を書いた人


グルン山本:
リタライフ・リタエアー正式代理店資格所有
水素サロン「癒やし処さかえーる」や鍼灸院「珠璃鍼灸院」などの健康に関わるお店の開業プロデュースを行う。
著書に『ぶっちゃけ50万あればサロン開業できますが?: 裏技失敗しないゲリラ隠れ家サロン開業マニュアル!』などがある。
SNSでフォローする