水素で創る健康生活

【心配な親御さんに】水素風呂は子どもに安全なの?安心・安全の理由とエビデンス

水素風呂に使われている水素は、自然界に豊富に存在する元素であり、化学物質ではありません。また、水素には毒性がないため、子供が水素風呂を利用しても安全です。

水素はその性質上、体内で悪玉活性酸素とのみ反応し、それらを無害な水に変えた後、体外に排出されます。このため、水素が体内で有害な作用を引き起こすことはありません。

  1. 水素ガスは無色無臭で毒性がなく、吸入しても体調を崩す心配はありません。
  2. 水素風呂での水素ガス吸収量は、生理的に問題ない範囲内で、子供の体も過剰な水素を自然に排出できます。
  3. 世界中の医療機関で水素ガス吸入療法が行われていますが、子供への副作用や悪影響の報告はありません。
  4. 水素風呂は、子供の繊細な肌に対しても刺激が少なく、アレルギー反応を引き起こすリスクが低いとされています。

以上のように、水素風呂は子供にとって非常に安全であり、健康面でのデメリットはほとんどないと言えるでしょう。

水素の特性と医療現場での実績から、子供が水素風呂を利用することに問題はありません。

この記事では、親御さんが気になる水素風呂の子供に対する健康ケア効果や安全性などについて詳しく解説します。

 

【関連記事】水素風呂は効果なし!? 誤解の原因と気になる副作用と悪影響について

 

【水素風呂の基本的なメカニズム】お風呂のお湯に水素ガスを満たすだけ!

水素発生器は、お風呂の水に電極を入れて電気分解を行い、水を水素と酸素に分解して、水素ガスを発生させます。

電気分解により、生成された水素ガスは装置内の細かな穴から風呂の中に放出され、風呂の中には水素ガスが溶け込んでいきます。

こうして出来た「水素風呂」の中にゆっくりと浸かることで、全身で水素を吸収することができる……というのが水素風呂のメカニズムです。

このように水素発生器は、電気の力を使って安全に高濃度の水素ガスを作り出すための機械であり、怪しい機械や変なスピリット的な商品ではありません。

また使用しているのは、アナタが毎日飲んでいる「いつものお水」なので、安心して使用できますよね!

【より詳しく知る】お風呂のお湯を電気分解するだけで自宅のお風呂が水素風呂に!

 

水素風呂が子供の身体にも安心・安全な科学的・医学的なエビデンス

水素風呂は、子供の免疫力を高めたい親御さんやお子様のアトピー肌で悩んでいる方も使われており、その健康効果が幅広い分野で期待されています。

【関連記事】水素風呂のアトピーへの悪影響は?その悪化は好転反応かも!

さまざまな論文や研究によって、水素ガスを使った治療の効果や安全性が確認されており、日本では厚生労働省が定める「先進医療 B 実施計画等評価表(番号 B066)」の認証も受けている治療法の一種でもあるのです。

また2020年の段階で、336の医療機関が水素療法を治療に取り入れていることからも、その安全性と効果がお分かり頂けるのではないでしょうか?

ただし、入浴という行為自体が大人にとっても、子供にとっても負担が大きいく、水素風呂に限らす、お子様に疾患がある場合は、水素風呂の利用前に医師に相談するなど、個別の状況に応じた対応が大切です。

 

こんな症状がお子様に出たら、水素風呂の利用はストップ!

  • 体のだるさや眠気(弛緩反応)
  • 汗をかきやすくなる(過敏反応)
  • 尿や便の色が変化する(排泄反応)
  • 頭痛や発熱(回復反応)※ひどい場合は

水素風呂を使用すると、一時的に体のだるさや眠気、汗をかきやすくなる、尿や便の色が変化する、頭痛や発熱などの症状が現れることがあります。

これらの症状は、水素風呂の利用によって体内で起こる変化に対する身体の反応であり、多くの場合は好転反応と呼ばれる現象です。

特に身体の成長も変化も大人よりも激しい子供は、好転反応が出やすい子も少なくありません。

水素風呂を使っていて上記のような症状が出た場合は使用を一時中断し、様子を見てから再度水素風呂に少しずつ入るか、不安な場合や症状がひどい場合は、専門家に相談することをおすすめします。

 

好転反応とは?

好転反応は、水素の影響で体内の老廃物や毒素が排出されるプロセスで一時的に現れる症状で、体が健康な状態へと向かっている証拠だと考えられています。

これらの反応は水素風呂による体内環境の改善に伴う自然な調整過程の一部であり、個人差はありますが、多くの場合は一過性の現象でしばらくしたら症状は収まります。

【関連記事】水素風呂のアトピーへの悪影響は?その悪化は好転反応かも!

 

お子様が水素風呂を使わないほうが良いケース一覧

  • 高熱がある場合(38度以上)
  • 体調不良、疲労がひどい場合
  • 感染症(インフルエンザ、感染性胃腸炎など)に罹患している場合
  • 外傷や炎症がひどい場合(医師の許可があれば可)
  • 食後すぐ(食後1時間程度は控える)

水素風呂は子供の体調や健康状態によっては入浴を控えるべきケースがあります。

水素風呂に限りませんが、高熱や体調不良、感染症、重篤な疾患がある場合は、入浴による負担が症状を悪化させる可能性があるため、医師の指示に従うことが大切です。

もちろん、外傷や炎症がある場合も、水素だけでなく「お湯」の刺激で症状が悪化する可能性があるため、医師の許可が必要です。

また、食後すぐの入浴は消化器系への負担が大きいため、控えたほうが良いでしょう。

 

水素風呂に子供が入る際の注意点
  1. 入浴前に体調をチェックし、異常がある場合は入浴を控える。
  2. 入浴時間は10分程度までとし、長湯は避ける。
  3. 湯温は38~40度程度に設定し、子供の体温より高すぎないようにする。
  4. 入浴中は保護者が付き添い、子供から目を離さない。
  5. 入浴後は水分補給を十分に行い、体調の変化に注意する。
  6. 水素風呂に入浴して体調不良や異常が見られた場合は、速やかに医師に相談する。
  7. 水素発生器の取り扱いは大人が行い、子供が直接触れないようにする。

 

 

むしろ子供に水素風呂がオススメな4つの理由

対象 理由
免疫力を上げたい  

水素風呂は、水素の抗酸化作用により体内の悪玉活性酸素を除去し、酸化ストレスから子供の体を守ります。酸化ストレスが減ることで、免疫システムにかかる負担が軽減され、本来の免疫力を取り戻しやすくなります。

肌の悩みがある  

水素の抗炎症作用により皮膚の炎症を和らげ、症状の改善に役立ちます。また、水素は皮膚細胞の酸化ストレスを軽減し、肌のバリア機能を強化する効果が期待できます。

外で良く遊ぶ  

外で遊ぶ子供は、紫外線や大気汚染物質にさらされる機会が多く、肌や体内で酸化ストレスが蓄積しやすい状態です。水素の抗酸化作用でこれらの酸化ストレスを効果的に除去し、体内のダメージを最小限に抑えます。

水素風呂は、免疫力を高めたい子供、皮膚の悩みを抱える子供、外でよく遊ぶ子供など、あらゆる子供におすすめのケア方法です。

水素の抗酸化作用と抗炎症作用により、体内の酸化ストレスを除去し、免疫力を高め、皮膚の健康を守る効果が期待できます。

さらに、水素風呂は肌への刺激が少なく、安全性が高いため、大人から子供まで年齢に限らず安心して誰でも使用が可能なので、出来るなら家族みんなで水素風呂に入ることをオススメしあmす!

 

アトピー肌やニキビで悩む子供にも使えるのは、なぜ?

水素の期待できる効果 内容
抗酸化作用 ・悪玉活性酸素の無害化により皮膚の炎症や損傷を軽減
炎症反応の軽減 ・活性酸素を選択的に除去し、炎症性皮膚疾患の症状を和らげる
皮膚バリア機能のサポート ・皮膚細胞の酸化ストレス軽減によりバリア機能をサポートし抵抗力を高める
安全性 ・反応性が低く、皮膚への刺激やアレルギー反応のリスクが低い
皮膚の修復促進 ・皮膚細胞の修復プロセスを促進し、回復を早める

水素風呂は、アトピー肌や敏感肌、ニキビで悩む思春期のお子様にもオススメです。

水素が持つ抗酸化作用は、アトピーやニキビ肌の原因となる「炎症」や「損傷」を軽減し、皮膚細胞の酸化ストレスを緩和することで肌バリア機能を高めます。

子供の肌バリア機能を高めることで、外部刺激に負けない強い肌を目指すことができます!

また、水素は薬や化学物質でぇなあく、肌刺への激やアレルギーのリスクが少ないため、安心して使えます。

区分 水素風呂 湿布 塗り薬 ステロイド薬
抗炎症作用 ある ややある ある ある
副作用のリスク なし ややある ある ある
肌への刺激 なし ややある ややある ある
長期利用のリスク なし ある ある ある

さらに、水素の酸化ストレスの軽減と抗炎症作用によって皮膚細胞の修復(ターンオーバー)が促進され、アトピーやニキビによるダメージからの回復を助けます。

 

 

子供も水素風呂に毎日入浴しても、大丈夫?

  • 水素は空気中にありふれた元素なので、肌や身体への影響がほぼない
  • 自然由来(元素)のものなので体内に蓄積されることがない
  • 水素は世界で1番小さい物質なので、大量に吸入しても体外に排出される
  • 水素は悪玉活性酸素以外には反応しないため、副作用がない

水素風呂は、子供が毎日入浴しても安全です。

水素は自然界に豊富に存在する元素で、体内では悪玉活性酸素としか反応せず、副作用のリスクはほとんどありません。

仮に大量に吸収しても、水素は体外に排出されるため、体内に蓄積される心配はありません。

多くの研究で水素の抗酸化作用による健康効果が示されており、子供が毎日水素風呂に入っても安心です。

 

【関連記事】水素風呂に毎日入るリスクと効果!正しく知って楽しく健康・美容ケアを

 

子供が水素風呂に、1日に何度も入っても大丈夫?

  • 体調が許す限り、1日に何度水素風呂に入っても問題ない。
  • 1日に何度も水素風呂に入ったからといって、効果が倍増するわけではない。
  • 水素の吸収量には限界があり、一定以上の効果は期待できない(体外に排出される)
  • 1日1回、7〜10分程度の入浴を継続するだけでOK

水素風呂は安全性が高く、副作用のリスクもほとんどないので、体調が良ければ毎日入っても、1日に何度入っても問題はありません。

ただ、1日に何度も水素風呂に入っても、水素の吸収量には限界があるので入浴自体が身体に負担をかけることも考えて、1日1回の入浴で十分な効果が得られます。

また、お湯でもお水でも水素の効果は変わらないので、夏場の暑い日には、水素を溶かした水のお風呂に入るのもいいですね!

ただし、体調が悪い時は無理せず、様子を見ながら入浴しましょう。

【関連記事】水素風呂の入り方 正しい準備や入浴中の注意点 子供やペットの入浴は?

 

水素風呂から出たあとの子供の肌ケアは、いつも通りでOK!

水素風呂に入った後は、子供も大人と同様に、いつも通りのスキンケアを行いましょう!

水素風呂によって血行が良くなっているので、保湿をしっかりと行うことで、肌の潤いを保ち、健やかな肌を維持することができます。

人によっては水素配合のスキンケアグッズを水素風呂と併用して使用される方もいらっしゃいますが、どちらかというと水素以外の美容成分を含むスキンケアグッズの方が良いかもしれません。

(水素は過剰に接種しても害はありませんが、大量に接種しても体外に排出されるだけなので)

また、水素風呂の後は巡り力もUPしており、体が普通のお風呂よりも温まっているので、軽いストレッチを行うのもおすすめです。

お風呂上がりに、年齢に合ったやさしいストレッチを選したり、水素風呂とスキンケア、ストレッチを組み合わせたりして、子供の健康的な肌と体づくりをサポートしましょう。

 

水素風呂を試してみたいなら「入浴剤」「温泉」という手があります!

評価項目 水素入浴剤 入浴施設の水素風呂
送料無料水素入浴剤水素風呂水素高濃度高純度水素生活累計800万個突破水素バススターター&リピーターセット専用容器+水素バス15包特別セット
水素濃度
安定性
コスパ
手軽さ
続けやすさ
総合評価

◎:非常に良い ◯:良い △:普通

とりあえず子供の健康のことを考えて、水素風呂を試してみたいという方は、入浴剤や水素風呂を導入している温泉に入ってみてはいかがでしょうか?

水素発生器を購入するのにはお値段的に結構な勇気がいると思うので、まずは水素風呂を入浴剤などで「お試し」が◯

なお、お子様の体質によっては入浴剤の成分が合わないこともあるので、購入の際には必ず含有成分をチェックするようにしてくださいね。

ただし、長く水素風呂の効果を実感したい方は、ぜひ水素発生器のレンタルかご購入を検討することをオススメします。

【関連記事】水素風呂を気軽に試すなら入浴剤か温泉施設が◎その違いと効果は?

 

毎日水素風呂に入りたい!それならコスパ◎の「レンタル」がオススメ♪

24時間水素発生器「リタライフ」「リタエアー」レンタルはコチラから
「水素に興味はあるけれど……」「本当に効果があるのか試してみたい」という方は、とりあえず当サイトイチオシの水素発生器「水素風呂リタライフ」のレンタルから試してみてはいかがでしょうか?

もし、健康・美容・アンチエイジングケアに不安があるのなら、336の提携病院で使用されている水素発生機「水素風呂リタライフ」をレンタルして、いつまでも若々しくいたいと思いませんか?

First whiteでは24時間オンラインで「リタライフ」のレンタルが可能です♪

自宅で出来る水素ケアを体験したいという方は、下記ボタンをクリックしてくださいね!

 

記事執筆における本・書籍・参考資料一覧

参考資料①:厚生労働省発行 『先進医療 B 実施計画等評価表(番号 B066)』
参考資料②:医療ライター 谷垣吉彦著 『100歳まで健康に生きるための水素』
参考資料③:ニュートンライブラリー発行 『水素の美容・健康力』
参考資料④:一般社団法人「臨床水素治療研究会」代表理事/辻クリニック院長 辻直樹 著 『なぜ水素で細胞から若返るのか 抗酸化作用とアンチエイジング』
参考資料⑤:赤坂AAクリニック院長/医学博士 森 吉臣 著 『水素の力で創出する健康寿命100歳社会』
その他:『朝日新聞デジタル』など一部ネット記事を参考

SNSでフォローする