水素で創る健康生活

【気になる】水素風呂の入り方 正しい準備や入浴中の注意点 子供やペットの入浴は?

水素発生器や水素入浴剤を使った、水素風呂は普通にそのまま入るだけでも十分な効果があります!

しかし、次のようなことを実践すると、よりバスタイムが充実するのでお試しあれ♪

  • 事前にお風呂の中に水素を発生させておく
  • 38-40度の湯温で入浴を!
  • 予洗い後、20分以上ゆっくりと浸かりましょう
  • 入浴中に瞑想や深呼吸するのも◎
  • 一度体を洗浄後、再度水素浴に入るのがオススメ
  • 入浴前後で水分補給をしっかり行いましょう♪
  • 週2-3回以上の頻度で水素風呂に入る
    ※できれば毎日がオススメです。副作用等のリスクは、ほぼありません。

この記事では水素風呂の温熱効果についてや効果を高めにテクニックや注意点について詳しく解説しています。

※この記事には水素発生機・水素入浴剤の広告やPRが含まれています。

水素風呂の効果について詳しく知りたい方は、コチラで解説しています。


 

水素風呂がおすすめな人は?こんな時は水素風呂に入ろう!

対象 理由
年齢肌・エイジングケアに興味がある人  

水素の抗酸化力が高く、活性酸素の除去などに効果的で、身体のサビにくい身体を目指せるから

美容・肌悩みのある人  

水素の抗酸化作用やターンオーバー活性化作用などによる、美肌効果が期待できる

冷え性の人  

水素の血管拡張作用などで血行促進効果が期待できる。特に手足の冷えなどに◎

リラックスしたい人  

お風呂に全身浸かりながら、水素を吸入するのでリラクゼーション効果が高い

水素風呂は、抗酸化作用を求める人や美容を意識する人、冷え性で悩んでいる人にとって、それぞれの目的に合致した効果が期待できるからおすすめです!

水素は体内の活性酸素を除去し、細胞を保護することで、細胞単位でターンオーバーが活性化され、肌の潤いやハリ感の改善などの美容効果が生まれます。

それと同時に血流改善を促すことから、自律神経のバランスを整え、体温維持をサポートします。

加えて浴槽に全身をつかることで、温水によるリラクゼーション効果も得られるので、心身ともにリフレッシュ!

水素そのものの効能と入浴ならではの特徴が相乗効果を生み出していると言えます。

【関連記事】水素風呂を気軽に試すなら入浴剤か温泉施設が◎その違いと効果は?

 

水素×お風呂の温熱効果と血流UP効果がすごすぎる!?

カテゴリ 内容
水素ガスの効果 抗酸化作用による血管の保護とケア
体内で一酸化窒素の増加しやすくなり、血管が拡張する
血管が拡張し、血液が流れやすくなる
血流に対するアプローチ 心筋虚血再灌流障害の軽減(閉じていた血管が開きやすくなる)
全身の血管が拡張するため、血流の悪い部位への浸透しやすく

水素風呂では、お風呂自体の温熱効果に加え、水素ガスが血管や血流に対してサポート効果を発揮します。

水素ガスが持つ抗酸化作用による全体の血管のエイジングケアや血管拡張作用により、血行促進が期待できます。

特に冷え性や末梢循環不全を訴える方にとって、水素風呂は温まりやすくなる嬉しい効果があります。

入浴による血管拡張と水素の血流改善効果が相互に作用し合い、効率的に身体の芯から温まることができるのです。

冷え性の改善に悩む方には、水素風呂の継続的な利用を強くおすすめします!

 

 

【知っておきたい】水素風呂に入る前の正しい準備

  • 水素入浴剤や水素発生器を使ってお風呂に水素を発生させる
    →規定の時間水素を発生させてから、入浴しましょう。
  • お湯の温度を38-40度に調整する
    →-高温になりすぎると水素が失われるので、ややぬるま湯で
  • 食事から1-2時間空けて入浴を
    →食後すぐの入浴は身体に負担が大きいの避けましょう。
  • 事前に水分を補給する、水分補給の準備も
    →老廃物を体外に排出しやすいように、お風呂前・中にしっかり水分補給を!
  • リラックスできる環境を整える
    →穏やかな音楽や照明、アロマなどを炊いて、よりリラックスできる雰囲気に

水素風呂に入浴する前の正しい準備で効果をアップさせましょう!

まず水素入浴剤や発生器を使用して、十分な濃度の水素を発生させます。

商品によって必要時間が異なりますが、目安として30分程度が目安です。

次にお湯の温度ですが、ややぬるま湯の38-40度がベスト。高温過ぎると水素が失われます。食事との間隔も確保し、食後少なくとも1-2時間空けることをおすすめします。

水分補給も忘れずに。

老廃物の排出や水分バランスを整える意味で大切なポイントです。そしてリラックスできる環境づくり。

穏やかな音楽や照明、アロマなどを取り入れストレスを和らげることで、より効果的な入浴につながりますよ!

 

One Point!

水素風呂に使用する水素発生器や入浴剤によって、水素の発生時間や量に違いがあります。

水素入浴剤の場合、浸透時間が必要なタイプと即効タイプがあり、前者は30分程度浸しておく必要も!

商品の特性を確認した上で、十分な水素を発生させるのに必要な時間を準備しておきましょう。

 

水素風呂効果UPのコツ!知って得する正しい水素風呂の入り方

水素風呂は、しっかりと水素が生成された状態のお風呂にのんびり浸かるだけでも十分効果があります!

ただ、ほんの少し工夫するだけで、水素風呂の効果をUPさせることができますよ。

この記事では、水素風呂の効果をUPさせるためのテクニックをご紹介しています。

 

水素風呂の効果を発揮しやすい入浴の順番

  1. 予洗いをする
    湯船に入る前に、シャワーで頭皮や毛穴の汚れを含む全身を軽く洗い流しましょう。
    特に清潔な状態で入浴することで、水素の肌への浸透が促進されやすくなります。
  2. 水素浴に浸かる
    全身を洗った後は、水素浴にゆっくりと浸かります。この時、水素が肌や毛穴にしっかりと浸透するように、ゆっくりと深呼吸をしながらリラックスすることがポイントです。
  3. 髪・身体を洗う
    一度水素浴に浸かった後、出て髪・身体を洗いましょう。水素ガスを吸収した状態で髪と身体を洗うことで、皮脂環境を整える効果も期待できるためです。
  4. 再度水素浴に浸かる
    髪・身体を洗った後、再び水素浴に浸かります。
    この際も、水素の効果を最大限に享受するために、リラックスして深呼吸を心がけましょう。

水素風呂に入る前の準備として予洗いは大切ですが、必要以上に強くゴシゴシ洗うのは避けた方が良いでしょう。

水素は皮膚表面の常在菌や皮脂のバランスを整えたり、角栓を除去しやすくしたりターンオーバー活性化による肌バリア機能の改善も期待できるので、脂肌の方にもオススメです。

予洗い後は、ゆっくりと水素風呂に浸かり、水素ガスをしっかりと吸収できるようにリラックスてくださいね!

 

水素風呂は何分入れば良いの?オススメは7〜10分以上!

  • 最低7~10分以上の入浴がオススメ!
  • 個人の体調や目的に応じて時間は調整を
  • 機器によっては2時間以内に水素を再発生させるもの
  • 長時間入浴に問題はありませんが、水分補給をこまめに
  • 体調不良の徴候がないか常に確認すること(好転反応があるため)

水素風呂の入浴時間に関する上記のポイントは、水素の効果を得る上でも、健康面からも重要な注意事項が含まれています。

最低7~10分以上の入浴が必要なのは、最低でも10分程度はお風呂に浸かって水素を体内に取り込まないと健康効果を得られにくいからです。

ただし、機器・入浴剤によっては時間と共に水素濃度が低下するため、最低でも2時間に1度は再発生をさせましょう。

家族で使う場合は1人入ったら、また水素発生器を発生させてという手順が必要になります。

 

One Point!

お風呂の中に溶け込んでいる水素ガスは体内に取り込むことができる一定の量があり、それ以上の水素は自然に体外に排出されます。

つまり、水素ガスが発生している湯船に長時間浸かっていても水素の過剰摂取ということはなく、副作用の心配もありません。

ただし、長時間の入浴は身体への負担が大きくなります。

温度変化による血圧の変動や、脱水症状などのリスクを避けるためにも、水素風呂の効果を得られる一般的な20分程度での入浴がオススメです。

水素風呂は子供にも安全?その理由を詳しく解説!

  • 入浴時間は10分程度にとどめる
  • お湯の温度は低めに設定し、38-40度を目安に
  • 体調不良時は利用を控える

水素自体については、副作用や毒性がないため、子供が水素風呂を利用することは基本的に安全です。

そもそも水素ガスは体内で自然に存在する成分でもあり、過剰に取り込んだとしても体外へ排出されるため、水素そのものが体に悪影響を与えるリスクは極めて低いからです。

ただし、水素風呂で使用する入浴剤の成分には注意が必要です。

中には体温上昇作用がある成分を含むものやアレルギー体質やアトピーのお子さんにとって、刺激が強いものもあるので、水素系入浴剤よりは水素ガスだけを発生させる水素発生器の方がオススメです。

【関連記事】水素風呂は子どもに安全なの?安心・安全の理由とエビデンス

【関連記事】水素風呂のアトピーへの悪影響は?その悪化は好転反応かも!

 

水素風呂はペットのお風呂にも使えるの?

  • 水素には副作用がなく、全生物共通の元素であり、毒性もない
  • 世界最小の成分で体内に蓄積することもない(蓄積できない)
  • ペットでも人間と同様の抗酸化作用が期待できる
  • ペットの老化防止、健康寿命の延長、疾病の予防にも期待できる
  • ペット専用の水素水発生器も販売されている
  • 水素入りペットフードも商品化されつつある

水素は人間にとって必須元素であるだけでなく、ペットにとっても必要な成分です(元素のため)。

そもそも水素は元素であり、酸素のように毒性はなく、人・動物、すべての生き物に共通の抗酸化作用があるため、ペットの健康維持や疾病予防にも効果が期待できるのです。

具体的には、水素水をペットに与えることで、活性酸素の除去を通じて免疫力向上や老化防止などの作用が得られると考えられています。

最近ではペット専用の水素水生成器も市販されており、水素入浴による効果も研究されているんですよ!

ペットフードに水素を添加する商品も登場してきています。水素は体内でも自然に存在する成分なので、過剰摂取による弊害もなく、長期的に利用することが可能です。

お風呂が好きなワンちゃんなどには5〜10分程度水素風呂に入れてあげると良いかもしれませんね。

 

水素風呂に入っている時は、どんなことをしたら良い? 効果UPのヒント

  • 最低20分ほど時間をお風呂に浸かり、水素をよく体内に吸収する
  • お風呂で瞑想したりして、リラックス効果を上げる
  • 週に2、3回以上の頻度で継続利用をする
  • 起床時間の10時間前に入浴し、睡眠効果も高める
  • お風呂の前後にしっかりと水分補給をする
  • 1、2ヶ月程度継続することで持続的な効果が期待できる

水素風呂の利用頻度については、多くても問題ありません。

むしろできるだけ多くの頻度――できれば、毎日入浴することの方が好ましいぐらいです!

 

水素風呂は毎日入っても良い?その詳しい理由と安全性について

 

水素そのものは毒性がなく、過剰に体内に取り込んでも害はありません。体外へと自然排出される性質のため、利用頻度をある程度上げても安全面では問題ありません。

むしろ、頻繁に利用するほど、水素の抗酸化作用や細胞活性化作用といった効果を肌や体の細胞レベルで蓄積していくことができます。

週に2、3回の利用を基本に、余裕があればもっと多くの頻度で水素風呂を楽しむのが◎

 

【疑問解消】水素風呂に毎日入るリスクと効果!正しく知って楽しく健康・美容ケアを

 

 

水素風呂のNGとは?気になる水素風呂の注意点

NG行為 理由
入浴剤との併用  

想定外の化学反応が生じる可能性があるので、基本的に使わない

水素風呂のお湯の飲用  

水素濃度が低く、またお風呂で使った水素発生器は衛生的ではないため。

塩や酒などを入れる  

水素発生機への悪影響懸念され、水素ガスが吸入しにくくなる

入浴剤との併用は想定外の化学反応を引き起こし、効果の低下や機器へのダメージが懸念されるため避けるべきです。

生成された水素水の飲用も、水素濃度が薄いうえに衛生管理の対象外であることが多いため好ましくありません。

塩や酒の添加に関しては、イオンの影響で水素ガスが遊離しにくくなったり、機器の腐食や故障を引き起こす可能性があることから、混ぜるべきでないでしょう。

なお、水素風呂は基本的に副作用はありませんが、滞っていた血流がよくなった場合は一時的に気分が悪くなることがあるので、その際は素早くお風呂から上がってゆっくりと身体を休めるようにしてください。

詳しくはコチラの記事で解説しています。

 

24時間365日レンタル申込みOK♪ 水素風呂で健康的な毎日を

24時間水素発生器「リタライフ」「リタエアー」レンタルはコチラから
「水素に興味はあるけれど……」「本当に効果があるのか試してみたい」という方は、とりあえず当サイトイチオシの水素発生器「水素風呂リタライフ」のレンタルから試してみてはいかがでしょうか?

もし、健康・美容・アンチエイジングケアに不安があるのなら、336の提携病院で使用されている水素発生機「水素風呂リタライフ」をレンタルして、いつまでも若々しくいたいと思いませんか?

First whiteでは24時間オンラインで「リタライフ」のレンタルが可能です♪

自宅で出来る水素ケアを体験したいという方は、下記ボタンをクリックしてくださいね!

 

記事執筆における本・書籍・参考資料一覧

参考資料①:厚生労働省発行 『先進医療 B 実施計画等評価表(番号 B066)』
参考資料②:医療ライター 谷垣吉彦著 『100歳まで健康に生きるための水素』
参考資料③:ニュートンライブラリー発行 『水素の美容・健康力』
参考資料④:一般社団法人「臨床水素治療研究会」代表理事/辻クリニック院長 辻直樹 著 『なぜ水素で細胞から若返るのか 抗酸化作用とアンチエイジング』
参考資料⑤:赤坂AAクリニック院長/医学博士 森 吉臣 著 『水素の力で創出する健康寿命100歳社会』
その他:『朝日新聞デジタル』など一部ネット記事を参考

SNSでフォローする